篠原歯科医院

群馬県高崎市上中居町の歯科医院
【歯科治療・歯周病・小児歯科・義歯・インプラント・矯正・審美(ホワイトニング・メラニン色素除去)】
トップページ 初診の方へ お問い合わせ
新着情報 診療案内 医院紹介 デンタルケア用品 Q&A 求人情報

新着情報

2016.12.16 当院の小菅栄子の本が出版されました。

災害と身元確認
ICT時代の歯科情報による個人識別

江澤庸博・青木孝文・柏崎潤・小菅栄子 著

購入はこちらから

●東日本大震災における身元確認の全貌が把握できます!
●将来の災害等に備えるために,身元確認作業全体のシステム化に向けた具体的な方法論が満載!!

内容紹介
●第I部では,東日本大震災の全体像を知るために役立つ「現場活動」とその分析についてなど災害の概略を解説しています。
●第II部では身元確認作業の具体的な流れ(ワークフロー)について,各地域で起こりうる災害等の大規模身元確認に備えるための情報を満載しています.歯科医師による歯科記録の採取(デンタルチャート,口腔内写真,歯科エックス線画像等)について解説し,災害時のみならず平時にも重要な歯科情報を活用するために必要な「歯科診療情報の標準化」についても記載しています。


目次
はじめに〜俯瞰する視点の重要性
第I部 大震災における身元確認の記録
1 東日本大震災はどのような自然災害だったのか?
2 人的被害と身元確認〜岩手・宮城・福島で何が起こったのか?
3 宮城県の遺体はどこに収容されたのか?
4 宮城県の身元確認から見えてきたこと〜歯とDNAの相補的な活用
5 警察はどのように動いたか?〜検視・身元確認の体制
6 歯科医師はどのように動いたか?
7 時系列で読む身元確認チームの闘い〜発災直後から現在まで
第II部 身元確認のシステム化
8 遺体情報収集機材のパッケージ化
9 デンタルチャート
10 口腔内写真
11 エックス線写真〜遺体の口内法撮影
12 生前資料の収集〜生前資料をどう読むか
13 照合〜異同識別について
14 情報技術の活用
15 データで読みとく東日本大震災
16 身元確認のための歯科診療情報の標準化
17 これからの警察歯科医〜まとめ
18 むすび〜感謝を込めて



2016.12.22 当院の小菅栄子の本が出版されました。

3.11 Identity
身元確認作業に従事した歯科医師の声を未来へ

購入はこちらから

大切な人が身元不明のままでもいいですか?
平時から身元不明死体数が多い日本。
大規模災害に対応できない貧弱な身元確認体制。
日本から身元不明遺体を減らすために出来ることとは。


【内容紹介】
東日本大震災の身元確認作業では、過去の大きな事故や災害の反省点はどれだけ活かされていたのか?
東日本大震災で実際に身元確認作業を行い、日本の身元確認体制に危機感を覚えた女性歯科医師9名は、平時および有事における身元確認の精度と身元判明率の向上のためにJUMPジャンプ(Japanese Unidentified and Missing Persons Response Team:日本身元不明・行方不明者対策チーム)というチームを結成した。

日本がこれまでに経験してきた日航機墜落事故、阪神・淡路大震災、東日本大震災における身元確認作業をふり返る。
30年以上前から改善されずに繰り返されてきた歯科所見による身元確認における問題点とは。
そして、これまで語られることのなかった身元確認作業に従事した歯科医師たちの声を発信する。
世界有数の自然災害大国といわれる日本で、大切な人が、そして自分自身が絶対に身元不明にならないと思いますか?


【著者プロフィール】
JUMP(Japanese Unidentified and Missing Persons Response Team:日本身元不明・行方不明者対策チーム)
斉藤久子(さいとうひさこ)1968年生まれ.鹿児島大学歯学部卒.医学博士.千葉大学大学院医学研究院法医学教室 准教授.
咲間彩香(さくまあやか) 1982年生まれ.日本大学歯学部卒.医学博士.千葉大学大学院医学研究院法医学教室 特任助教.
勝村聖子(かつむらせいこ)1975年生まれ.鶴見大学歯学部卒.医学博士.鶴見大学歯学部法医歯学教室 講師.
熊谷章子(くまがいあきこ)1969年生まれ.岩手医科大学歯学部卒.医学博士.岩手医科大学歯学部口腔顎顔面再建学講座 特任講師.
岡久美子(おか くみこ) 1983年生まれ.北海道医療大学歯学部卒.医学博士.旭川医科大学歯科口腔外科学講座 助教.
岡 広子(おか ひろこ) 1978年生まれ.広島大学歯学部卒.歯学博士.広島大学大学院国際歯科医学連携開発学 特任講師.
大林由美子(おおばやしゆみこ)1957年生まれ.立命館大学経済学部卒,松本歯科大学卒.香川大学医学部歯科口腔外科 准教授.
佐藤真奈美(さとうまなみ)1959年生まれ.日本歯科大学新潟生命歯学部卒.佐藤歯科医院 院長.宮城県歯科医師会 広報担当常務理事.
小菅栄子(こすげえいこ) 1971年生まれ.神奈川歯科大学歯学部卒.歯学博士.篠原歯科医院 院長.群馬県検視警察医


2016.6.1 篠原歯科医院の3代目院長になり7年目を迎えることができました。



皆様のおかげで7年目になりました。

2009年の6月から篠原歯科医院の3代目院長になり、7年目になりました。
これもひとえに、皆様のお力添えのおかげと、深く感謝しております。
コミュニケーションを大切にし、みなさまの歯がいつまでも
健康で美しくいられるようスタッフ一同、全力でサポートします。



(2016.6.1)  小菅栄子


2014.10.17 当院の小菅栄子が上毛新聞に掲載されました。

上毛新聞に御巣鷹の慰霊登山と歯の照合システムについて掲載されました。

◆上毛新聞(2014.08.09) →詳細はこちら


2014.05.16 篠原歯科医院の3代目院長になり5年目を迎えることができました。

篠原歯科医院の3代目院長になり5年目を迎えることができました。
これもひとえに、皆様のお力添えのおかげと、深く感謝しております。
志と技術の両面でハイレベルな「町医者」を目指して、より一層精進して参ります。

また、五周年を記念にサクラのマークを新しいデザインにしました。
(デザイン:三澤将吾 (Shogo Misawa)様。
私のトレードマークとしても使用したいと思います。
また、このサクラマークは本院の義歯刻印として使用していきます。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。



(2014.5.16)  小菅栄子


2014.05.01 新聞に記事掲載されました。

讀賣新聞に「災害に備え 歯の記録 統一」の見出しで掲載されました。
◆讀賣新聞(2014年4月7日) →詳細はこちら

朝日新聞【群馬県版】に「乗客の身元確認に従事 亡き父の思い継ぐ」の見出しで掲載されました。
◆朝日新聞(2013年8月8日) →詳細はこちら



2014.04.09 4月号の婦人雑誌プレシャスに警察歯科医の働く女性として取り上げていただきました。

4月号の婦人雑誌プレシャスに警察歯科医の働く女性として取り上げていただきました。

◆婦人雑誌プレシャス(2014年4月号) →詳細はこちら



2013.08.12 北海道歯科医師会が発行している「道歯会通信(2013年7月号)」のサイエンスに寄稿文が掲載されました。

北海道歯科医師会が発行している「道歯会通信(2013年7月号)」のサイエンスに当医院の小菅栄子の寄稿文が掲載されました。
内容は下記よりご覧いただけます。

◆道歯会通信(2013年7月号) →詳細はこちら



2013.07.16 「おはよう日本」の中で特集として全国放送されました。

2013年7月16日(火)に「おはよう日本」の中で特集として全国放送されました。

NHKサイトはこちら→http://www.nhk.or.jp/ohayou/marugoto/2013/07/0716.html



2013.04.04 「身元確認と情報技術」サイトを開設いたしました。

東日本大震災における私たちの研究グルークの活動の報告として、文献を付けてまとめたページを作りました。
多くの人に読んで頂きたいと思っています。

身元確認と情報技術はこちら→http://www.aoki.ecei.tohoku.ac.jp/dvi/



2012.06.14 NHK「明日へ〜支えあおう」がオンデマンドで視聴できます

NHK総合:6月3日(日)に放送されました、「明日へ〜支えあおう」という番組にて、
東日本大震災の身元確認を取り上げていただきました。
6月17日まで、NHKオンデマンドにて、視聴できます(有料)。

番組のHPはこちら→https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2012040090SC000/index.html



2012.06.13 TBSテレビ報道特集(2012/6/9 放送)にて、当院の小菅栄子の研究に関する内容をとりあげていただきました。

TBSテレビ:2012/6/9 放送
「身元不明の遺体を特定する・・・”歯”をめぐる秘話」

先月、福井県の九頭竜湖で、冷凍庫に入った白骨化した遺体が見つかった。この事件では身元の特定に至った有力な手がかりが、成人には珍しく、歯の治療痕がないことだった。
事件や事故に巻き込まれて亡くなった時、身元の特定につながる決め手は今も”歯”だ。
御巣鷹山のJAL機墜落事故、東日本大震災などに学びながら、歯のデータベースを整えようという動きが始まっている。

番組のHPはこちら→http://www.tbs.co.jp/houtoku/onair/20120609_2_1.html#



2012.05.31 「明日へ〜支えあおう」という番組がスタートします

■NHK総合:6月3日(日) あさ10:35〜11:18

NHK総合にて、4月8日(日)から毎週日曜あさ10:00「明日へ〜支えあおう」という番組がスタートします。
6月3日(日)にて、東日本大震災の身元確認が取り上げてもらえることになりました。
(6月3日の放送は国会関連の番組が入ることが決まったことにより、30分遅れの、10:35からになります。ご注意ください。)

放送日は事件・事故などがおこると変更の可能性があります。

番組のHPはこちら→http://www.nhk.or.jp/ashita/bangumi/



2012.04.11 当院の小菅栄子が朝日新聞 全国版社会面に掲載されました。

内容は下記よりご覧いただけます。

◆朝日新聞 (2012.4.1) →詳細はこちら


2012.04.11 当院の小菅栄子が宮城県警本部長、高崎警察署長、宮城県歯科医師会より感謝状をいただきました。

当院の小菅栄子が、宮城県警本部長(23年10月27日)、高崎警察署長(24年1月20日)、宮城県歯科医師会(24年3月30日)それぞれ感謝状をいただきました。
→詳細はこちら


2011.11.11 慰霊登山と身元確認支援システムについて、読売新聞に掲載されました。

各紙の内容は下記よりご覧いただけます。

◆読売新聞 全国版社会面 (2011.11.1) →詳細はこちら

◆読売新聞 (2011.08.13) →詳細はこちら


2011.11.11 海堂 尊氏の書籍で、院長の小菅栄子が紹介されました。

海堂 尊氏の書籍で、院長の小菅栄子が紹介されました。

『救命―東日本大震災、医師たちの奮闘』 →詳細はこちら

『死因不明社会2 なぜAiが必要なのか』 →詳細はこちら



2010.09.01 慰霊登山について、産経新聞、読売新聞、上毛新聞に掲載されました。

各紙の内容は下記よりご覧いただけます。

◆産経新聞(2010.0808) →詳細はこちら

◆読売新聞 夕刊(2010.08.10) →詳細はこちら

◆読売新聞 新潟(2010.08.11) →詳細はこちら

◆上毛新聞(2010.08.13) →詳細はこちら



2009.05.07 身元確認支援システムについて、群馬保険医新聞、全国保険医新聞に掲載されました。

保険医協会の研究会にて当院の小菅栄子らが開発中の「大規模災害時における歯のX線写真を利用 した身元確認システム」を紹介。
研究会の様子が掲載されました。各紙の内容は下記よりご覧いただけます。

◆群馬保険医新聞(2009.03.15) →詳細はこちら

◆全国保険医新聞(2009.04.05) →詳細はこちら

◆群馬保険医新聞(2009.04.15) →詳細はこちら



2009.03.19 身元確認支援システムについて、静岡新聞、中日新聞、上毛新報、朝日新聞に掲載されました。

新聞各紙に当院の小菅栄子らが開発中の「大規模災害時における歯のX線写真を利用 した身元確認システム」についての記事が掲載されました。各紙の内容は下記よりご覧いただけます。

◆静岡新聞(2009.02.06) →詳細はこちら

◆中日新聞(2009.02.06) →詳細はこちら

◆上毛新聞(2009.02.22) →詳細はこちら

◆朝日新報(2009.02.25) →詳細はこちら



2009.3.19 院長の篠原瑞男と、歯科医の小菅栄子が感謝状をいただきました。

去る1月9日、院長の篠原瑞男が、1月23日に小菅栄子が、高崎警察署長より感謝状をいただきました。
警察医としての役務を評価いただいたものです。
これもひとえに、皆様の励まし、ご協力の賜と感じております。
ありがとうございました。


2008.10.11 静岡新聞で、当院の小菅栄子のインタビューが掲載されました。

静岡新聞の「本音インタビュー」というコーナーで、当院の小菅栄子のインタビューが掲載されました。

◆静岡新聞(2008.9.20) →詳細はこちら


2008.10.03 【ラジオ】文化放送「くにまるワイド ごぜんさま〜」に当院の小菅栄子がゲスト出演いたしました。

【ラジオ】文化放送「くにまるワイド ごぜんさま〜」という番組の「くにまるアカデミー」というコーナー(2008年9月29日放送)に当院の小菅栄子がゲスト出演いたしました。
こちらで放送をお聴きいただけます。再生ボタンを押してください。



2008.09.24 御巣鷹の慰霊登山と歯の照合システムについて、たくさんの地方紙に取り上げていただきました。

■共同通信社
【時の人】歯の身元確認システムを開発した歯科医師・小菅栄子さん
http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200808190012a.nwc
他にも以下の新聞で取りあげていただきました。

8/13 8/14 8/15 8/16 8/17
愛媛新聞
沖縄タイムス
京都新聞
高知新聞
神戸新聞
上毛新聞
中国新聞
徳島新聞
新潟日報
日本海新聞
北国新聞
秋田さきがけ
岩手日報
西日本新聞
山陽新聞 宮崎日日新聞
山形新聞
岐阜新聞
山陰中央新聞
東京新聞
福井新聞
(アイウエオ順)

■産経ニュース
「歯から身元」 日航機事故検視医の娘 確認システム開発
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/080812/trd0808120836004-n1.htm
他にも以下の新聞で取りあげていただきました。

8/12 河北新報(夕刊)
8/12 山形新聞 →詳細はこちら


2008.09.02 御巣鷹の慰霊登山と歯の照合システムについて、静岡新聞、北国新聞、河北新報(夕刊)に掲載されました。

新聞各紙に当院の小菅栄子らが開発中の「大規模災害時における歯のX線写真を利用 した身元確認システム」について、日航機墜落事故の慰霊登山についての記事が掲載されました。各紙の内容は下記よりご覧いただけます。

◆静岡新聞(2008.8.29) →詳細はこちら

◆北国新聞(2008.8.13) →詳細はこちら

◆河北新報(夕刊)(2008.8.12) →詳細はこちら



2008.08.29 NHKニュースで紹介されました。

8月13日(水)放送のNHKのニュース番組で当院の歯科医小菅栄子らの研究が紹介されました。


2008.08.29 御巣鷹の慰霊登山と歯の照合システムについて、西日本新聞に掲載されました。

新聞各紙に当院の小菅栄子らが開発中の「大規模災害時における歯のX線写真を利用 した身元確認システム」について、日航機墜落事故の慰霊登山についての記事が西日本新聞に掲載されました。

◆西日本新聞(2008.8.14) →詳細はこちら



2008.08.21 御巣鷹の慰霊登山と歯の照合システムについて、朝日新聞、読売新聞、上毛新聞、他に掲載されました。

新聞各紙に当院の小菅栄子らが開発中の「大規模災害時における歯のX線写真を利用 した身元確認システム」について、日航機墜落事故の慰霊登山についての記事が掲載されました。各紙の内容は下記よりご覧いただけます。

◆朝日新聞(2008.8.13) →詳細はこちら

◆読売新聞(2008.8.13) →詳細はこちら

◆上毛新聞(2008.8.13) →詳細はこちら

◆産経ニュース →詳細は産経ニュースへ

◆中日新聞 CHUNICHI WEB

◆フジ産経ビジネス「時の人」 →詳細はフジ産経ビジネス「時の人」へ



2008.07.29 静岡新聞に記事掲載されました。

静岡新聞に当院の小菅栄子らが開発中の「歯のエックス線写真による身元確認システム」についての記事が掲載されました。

◆静岡新聞(2008.07.21) →詳細はこちら


2008.06.25 某機関誌に寄稿いたしました。

某機関紙に当院の院長 篠原瑞男が「1パーセントに望みを託す遺族」として寄稿いたしました。

→掲載内容をこちらからご覧いただけます


2008.05.20 歯科放射線学会にて学術奨励賞をいただきました。

2008年5月16日(金)〜18日(日)に名古屋国際会議場にて開催されました「歯科放射線学会」にて、
当院の小菅栄子が学会賞の学術奨励賞をいただきました。
→授賞式の様子はこちら

2008.05.20 朝日新聞(全国版:夕刊)に記事掲載されました。

朝日新聞(全国版:夕刊)に当院の小菅栄子らが開発中の「歯の自動照合システム」についての記事が掲載されました。

◆朝日新聞(2008.05.02) →詳細はこちら

2008.05.02 当院の小菅栄子が群馬県警本部、高崎警察署より感謝状をいただきました。

当院の小菅栄子が群馬県警察本部刑事部長(2008年1月16日)、高崎警察署長(2008年1月21日)より、それぞれ感謝状をいただきました。
平成12年より、群馬県検視警察医としての役務を評価いただいたものです。
これもひとえに、皆様の励まし、ご協力の賜と感じております。
ありがとうございました。


2008.01.10 産経新聞(全国版:2面)に記事掲載されました。

産経新聞(全国版:2面)に当院の小菅栄子らが開発中の「大規模災害時における歯のX線写真を利用した身元確認システム」についての記事が掲載されました。

◆産経新聞(2008.01.8) →詳細はこちら

2007.12.28 小菅栄子の研究に関する動画を掲載しました

当院歯科医 小菅栄子らが開発中の「災害時犠牲者のID確認自動化システム [ An Automated Dental Radiograph Identification System Using Phase-Only Correlation for Mass Disasters ]」について、仲間の川股先生が今までの研究の経過やプレスカンファレンスの様子を編集した動画を制作してくれました。

→動画をこちらでご覧いただけます

2007.12.19 RSNA2007(北米放射線学会)報告

2007年11月27日、アメリカ・シカゴにて開催されました、RSNA2007(北米放射線学会)のプレスカンファレンスにおいて、当院歯科医 小菅栄子らが開発中の「災害時犠牲者のID確認自動化システム」について発表・取材を受けました。

→詳細はこちら


2007.10.31 毎日新聞に記事掲載されました。

毎日新聞に当院の小菅栄子らが開発中の「大規模災害時における歯のX線写真を利用した身元確認システム」についての記事が掲載されました。

◆毎日新聞(2007.10.23) →詳細はこちら


2007.10.15 某機関誌に寄稿いたしました。

某機関紙に当院の歯科医 小菅栄子が「歯のエックス線写真による身元確認システムの開発」として特別寄稿いたしました。

→掲載内容をこちらからご覧いただけます


2007.10.01 NHK 首都圏ネットワークで紹介されました。

9月26日(水)放送のNHK 首都圏ネットワークという番組の「歯で身元確認最前線 女性歯科医の取り組み」という企画にて、当院の歯科医小菅栄子らの研究が紹介されました。


2007.08.31 新聞各紙に記事掲載されました。

新聞各紙に当院の小菅栄子らが開発中の「大規模災害時における歯のX線写真を利用 した身元確認システム」についての記事が掲載されました。
各紙の内容は下記よりご覧いただけます。

◆朝日新聞(2007.8.21) →詳細はこちら

◆東京新聞(2007.8.19) →詳細はこちら

◆上毛新聞:Takatai(2007.8.10) →詳細はこちら


2007.07.25 国際学会(RSNA)での発表が決まりました。

アメリカはシカゴで開催される世界最大規模の放射線に関する国際会議、RSNA(Radiological Society of North America) 2007 において、当院の小菅栄子らが開発中の「大規模災害時における歯のX線写真を利用した身元確認システム」の研究発表を行うことが決定いたしました。

この会議は毎年シカゴで開催されており、全世界から医学・薬学・物理学・工学など様々な分野の研究者や大手企業が参加しています。

本研究内容を日本国内だけではなく、世界に向けても発信してまいります。

発表内容の概要をPDFファイルでご覧いただけます。
発表内容(英文)→[PDFファイル:81KB]


2007.06.01 学会発表情報

下記学会にて栄子先生が開発中の「大規模災害時における歯のX線写真を利用した身元確認システム」について発表いたしました。

学会発表情報
  2007.4.21 日本法歯科医学会
  2007.5.11-12 日本歯科放射線学会
  2007.5.17-18 日本法医学会

発表内容の概要をPDFファイルでご覧いただけます。
発表内容ポスター→[PDFファイル:1.9MB]


2007.06.01 ホームページを開設しました。

この度、ホームぺージを開設いたしました。
このホームページを通して、皆様が知りたい情報の発信、皆様とのコミュニケーションが深くなるものにしていきたいと考えています。
皆様の声をお聞きしながら、有用なホームページに育てていきたいと考えておりますので、ホームページに関するご意見・ご感想などぜひお聞かせください。
どうぞよろしくお願いいたします。


2007.05.15 院長の篠原瑞男が警察功労賞をいただきました。

去る5月15日、院長の篠原瑞男が警察功労賞を群馬県知事より表彰されました。
長年に渡る警察医としての役務を評価いただいたものです。
これもひとえに、皆様の励まし、ご協力の賜と感じております。
ありがとうございました。


このページのトップへ


COPYRIGHT SHINOHARA DENTAL CLINIC. ALL RIGHTS RESERVED. トップページ お問い合わせ プライバシーポリシー