篠原歯科医院

群馬県高崎市上中居町の歯科医院
【歯科治療・歯周病・小児歯科・義歯・インプラント・矯正・審美(ホワイトニング・メラニン色素除去)】
トップページ 初診の方へ お問い合わせ
新着情報 診療案内 医院紹介 デンタルケア用品 Q&A 求人情報

新着情報

2008.01.10 産経新聞(全国版:2面)に記事掲載されました。

歯型照合システム初開発
群馬の歯科医 身元確認大幅短縮

産経新聞(2008.01.8)

 歯のレントゲン写真を使った遺体の身元確認をパソコンを使って大幅に短縮するシステムを、群馬県高崎市の歯科医師、小菅栄子さん(36)らが日本で初めて開発した。実用化されれば大規模災害や航空機事故の際の身元確認が迅速化するほか、行き倒れの身元不明遺体の特定にも威力を発揮しそうだ。

 遺体の身元確認は、指紋による照合がシステム化されているが、歯によるものは、遺体と生前のレントゲン写真を目視で比べるため時間がかかる。歯のレントゲン写真は、同じ部位を撮影しても照射角度などで微妙な違いが生じるため、パソコンによる正確な判別は難しいとされてきた。

 小菅さんは、画像の類似性を数値化する「位相限定相関法」の技術研究をしている東北大大学院情報科学研究科の青木孝文教授の研究室と協力し、精度を高めることに成功した。

 新技術では、60人分の実験で、目視だと3600回の照合作業が必要だったのに対し、180回で済んだという。絞り込む作業にかかった時間もわずか3.6秒だった。



 昨年11月に米シカゴで開かれた北米放射線学会でも、約4000件の研究の中から記者発表の機会を得た14件に選ばれ、CNNテレビでも研究成果が放映された。

 小菅さんの父、篠原瑞男さん(62)も歯科医で、昭和60年の日航ジャンボ機墜落事故の遺体確認の苦労を体験。小菅さん自身も御巣鷹山の慰霊登山で遺族と交流するうち、照合技術の開発を決意したという。

 新技術の実用化には警察当局も期待しており、ソフト開発企業との交渉も本格化している。


記事は産経新聞ウェブサイトでご覧いただけます。
http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/gunma/080108/gnm0801080308003-n1.htm
戻る

このページのトップへ


COPYRIGHT SHINOHARA DENTAL CLINIC. ALL RIGHTS RESERVED. トップページ お問い合わせ プライバシーポリシー